ネットショップの開業と並行してSEO対策にも力を入れる

ネットショップはインターネットでできる副業として人気があります。

 

同様に人気が高い副業としてアフィリエイトがあり、この2つはよく似ていると言ってもよいでしょう。

 

ネットショップは人を集めて商品を購入してもらうもので、アフィリエイトも集客が必要な点は変わりません。

 

ネットショップは運営者が商品を扱っている、アフィリエイトは商品を扱っているところとユーザーを仲介するという違いがあるものの、基本的な戦略は同じです。

 

アフィリエイトを手がける人は集客のためにSEO対策をするのですが、これはネットショップの開業でも非常に重要なポイントです。

 

SEO対策は検索エンジンで特定のワードで検索が行われた際、上位に表示されるようにする対策のことです。

 

GoogleなりYahoo!なりで検索された時に、一番上に表示されるサイトがまずクリックされます。

 

2ページ目以降はかなり不利なので、多くのアフィリエイターは自分のサイトを上位に表示させようと工夫を凝らしているのです。

 

Yahoo!ショッピングなどのECサイトに出店する形態の場合、ECサイト自体に集客力があるのでSEO対策はそこまで重要ではありません。

 

しかし、自前のサイトを用意してネットショップを運営するなら、SEO対策は欠かせません。

 

サイトの使いやすさ、扱う品物の写真などの工夫は来てくれたお客様向けですが、そもそも誰も訪問してくれなければ意味はありません。

 

人が集まり、サイトへの滞在時間が長くなれば検索エンジンからの評価も上がるので、最初にどうやって集客するかが肝です。

 

Googleはクローラーと呼ばれるロボットでサイトの各種情報を読み取っているのですが、最も重要な情報は何が書かれているかです。

 

画像を多用するのは分かりやすさの上では意味があるものの、SEO対策の面ではあまり効果がありません。

 

幾つかキーワードを決めておき、その言葉で検索上位に来られるようにテキストを書きたいところです。

 

他に、集客のためにはTwitterなどのSNSに記事を投稿するのも有効です。

このページの先頭へ戻る