ネットショップ開業の基礎知識 | ネットショップの開業・仕組み・運営方法を解説

ネットショップ開業の方法

ネットショップ開業

 

実際にお店を持って開業することに比べれば、ネットショップを開業する方法がずっと簡単です。

 

ネットショップの開業は誰でも簡単にできると言われているくらいですが、もちろんどんなものなのかを知っている必要があります。

 

ネットショップ開業の方法から仕入れや設備、開業後の運営についてまとめました。

 

ネットショップを一から作るか、ECサイトに出店するか

ネットショップの開業と聞くと、レンタルサーバーを借りてサイトを作るものだとイメージする人が多いでしょう。

 

しかし、楽天市場やYahoo!ショッピングなどのECサイト内に店を出すネットショップの形態もあるのです。

 

この両者は共にネットショップですが、費用などの面では大きな違いがあるので、どちらを選ぶかは非常に重要です。

 

ECサイト内に出店する形態の魅力は、特に宣伝などしなくてもある程度の集客が見込める点です。

 

楽天市場にせよYahoo!ショッピングにせよ大手のECサイトには多くの人が集まるので、集客面では期待が持てます。

 

もっとも、扱う商品によってはライバルの数も非常に多く、値段設定を見誤ると他のネットショップに客が流れていくものです。

 

また、ECサイト内に出店する場合は初期費用、月額費用、販売の際の手数料などがかかります。

 

初期費用や月額費用は無料のところもあるものの、いずれにせよオーナーの負担が大きい点がデメリットです。

 

それでも、実店舗を出すよりは負担は少ないので、集客に自信がないならECサイトに出店するのも手です。

 

レンタルサーバーを借りて自前のサイトを作る場合、費用の少なさがメリットとして挙げられます。

 

売上が増えた場合でも手数料による負担はなく、儲けを期待するならサイトを作るのが効果的です。

 

サイト作りの自由度も高いのですが、その分だけハードルも高く、専門的な知識がない人がネットショップを作るのは相当に大変です。

 

また、売上を伸ばすためには積極的に集客する必要があり、SEOの知識なども求められます。

 

どちらも一長一短なので、何を目的としてネットショップを開業するかで判断するとよいでしょう。

 

お小遣い稼ぎの延長なら、開業までにそれほど手間がかからず安定性のあるECサイトの方が有利です。

 

本気でネットショップに取り組み、大きく売上を伸ばしたいなら自前のサイトを持つのが近道です。

 

一度決めた路線を変更するのは大変なので、最初にしっかりと目標を決めておきたいところです。

 

ネットショップ開業

 

ネットショップの開業と仕入れ・販売

 

ネットショップ開業後の運営

 

ネットショップ開業に必要な設備

 

ネットショップ開業に重要な集客

 

ネットショップ開業コラム

法人も利用しているネットショップ開業サービス

ネットショップ開業の方法としてスタンダードなのが、独自サイトの作成です。

 

この独自サイトの作成を楽にしてくれるのが、ネットショップ開業サービスと呼ばれるものです。

 

ネットショップ開業サービスに申し込めば、ネットショップに必要なシステムがすぐに用意されるのです。

 

ショッピングカート、陳列棚などネットショップに欠かせないものが揃うので、後は商品さえ用意すればすぐに運営を始められます。

 

無料のネットショップ開業サービスだとBASEやStore.jpが、有料のものだとカラーミーショップや「Make Shop」が有名です。

 

独自サイトを作るだけならさほど難しくはありませんが、ネットショップに必要なものを詰め込んでデザインするのはなかなか大変です。

 

それに対して、ネットショップ開業サービスなら最低限の体裁は整っているので、運営しやすい形態と言えるでしょう。

 

それぞれのネットショップ開業サービスによって細かいところは異なってくるのですが、カスタマイズにも対応しているので、デザインを突き詰められるのも魅力です。

 

ネットショップ開業サービスを利用しているのは個人だけでなく、法人の存在も珍しくはありません。

 

ネットショップ開業の方法は他にもあるものの、明確なビジョンが見えていない場合にはネットショップ開業サービスを利用するのも手です。

 

ただ、先に記載したところ以外にも幾つもサービスがあるので、どこでネットショップを開業するかは非常に悩むポイントです。

 

独自ドメインに対応しているところ、カスタマイズの面で優れているところ、Yahoo!ショッピングなど他のサイトとの連携に対応しているところ、Tシャツなどの作成販売ができて商品がない人でも参入しやすいところなど、特徴は様々です。

 

そのため、どのようなネットショップを作るかをまずはっきりさせて、それに合っているところを探すのが基本です。

 

それぞれのサービスを使って作られたネットショップをチェックして、デザインや傾向などを参考にするのも効果的です。