リスティング広告でネットショップの宣伝をするやり方

リスティング広告でネットショップの宣伝をするやり方

ネットショップを開業して売上を伸ばしたいなら、訪れてくれる人を増やす必要があります。

 

サイトを訪れたお客様に購入してもらうためのテクニックも重要ですが、まずは人を集めないとどうしようもありません。

 

そのために用いられているのが検索エンジンの順位を上げるSEO対策で、これは他のネットショップやアフィリエイトのためのサイトでも必須のテクニックです。

スポンサーリンク

競合相手が少ないキーワードを狙うならともかく、そうでない場合は既存のサイトを追い越すのはなかなか大変です。

 

サイトを開設したばかりでは検索エンジンからの評価も低く、基本的には地道に運営を続けて評価を高めていくしかありません。

 

しかし、ネットショップを開業したばかりでも一気に集客する方法はあり、代表的なものがリスティング広告です。

リスティング広告とは

検索エンジンで検索した場合、検索結果の一番上に広告が表示されているのを見たことがある人は多いでしょう。

 

あれがリスティング広告で、ユーザーが実際に検索を行ったキーワードに関係した広告が表示されます。

 

リスティング広告でトップクラスのシェアを誇っているのがYahoo!プロモーション広告と、GoogleAdWordsです。

 

Yahoo!プロモーション広告はYahoo!を始めとした検索エンジンの結果に、GoogleAdWordsはGoogleを始めとした検索エンジンの結果に広告を表示します。

 

いずれも、キーワード毎に入札して広告を表示してもらう形式で、お金を多く出せばそれだけ目立つところに広告を出せるのです。

 

入札金額が全てではないので必ずしも最上位に来るとは限りませんが、それでもSEO対策で地道に検索順位を上げるよりは速効性があります。

 

難点としてはお金がかかる点で、ネットショップを開業したばかりで広告にお金を使うのが難しい人にとっては有効な手段ではありません。

 

また、設定した広告文がユーザーに響かない場合はさほどクリックしてもらえないケースも多く、リスティング広告はハイリスクハイリターンな手法と言えるでしょう。

リスティング広告でネットショップの宣伝をするやり方関連ページ

ネットショップを開業するなら集客は最優先で考える